忍者ブログ

589本舗 NASAも同じ(ような)こと考えてた鋼鉄の理論! 小林重工開発、キューちゃんも裸足で逃げ出す悪魔のエサ! 589EXの開発、生産情報、釣果情報。

RSS TWITTER RssTwitter

てんてい教えて! 第375回

589本舗です。

てんてい教えて!。
公開収録2回目のぶんもありますが、通常回をしばらくアップしてますよー。
アシスタントは『コイ釣りにっぽん vol.4』にも出演している「ちゃんジュリ」です!
 
ショッカー改造基地川口支部・課長さんからの質問です。
「てんてい! ヘラ釣りって、なぜルールが多いのですか? マイクロ コ式で釣ったら『そんな卑怯な釣りはダメだ』と怒られました」。

管理池だったらルールに従う必要がありますが、そうでなければ別に何で釣ろうと構わないのでは。
今はまったく見なくなりましたが、一時期、ヘラブナをルアーで釣るなんていう映像や記事も出てましたし。

ヘラブナ釣りに限らず、釣りの世界って「こうあるべき」が非常に多いように感じます。
以前、羽生吉沼の社長が589EXで野池の巨ベラを連発してくれましたが、それでも589EXがまわりから高い評価を得た感じにはならなかったですね(もちろん社長さんの仲間には大好評でしたが)。

たぶん、ヘラブナ釣りってのは宙釣り(エサが中層にある)2本バリが基本、と考えてる人が多いのかなーと。
底釣り(エサが水底にある)も、どちらかというと宙釣りの延長の感じです。

ですが、そもそも宙釣りってのはエサメーカーが提案した比較的新しい釣り方であって、それ以前の底釣りしかしていなかった時代には、「卑怯な釣り」だったのかもしれません。
新しいことを始めたから、その世界が盛り上がったということですよね。
だから、また新しい視点でその釣りを見直すことは大切かと。
逆に言うと、ヘラブナ釣り、アユの友釣り、磯釣りなどなど、一度先鋭化してしまったジャンルは、新しい視点で見直すことができなくて、今や完全な落ち目になってます。

ちなみに、宙釣りはエサの消費量が非常に多いですねー(メーカーの策略?)。
てんていが中学生の頃、宙釣りが登場して、エサ代が3倍になったというのは、以前もお話ししたことかと思います。
それでもお年寄りが少ない年金(少なくもないのか?)でエサを買う。
宙釣りがすべてだと考えさせられているのでしょうか。
ある意味「洗脳」ですなー。
自由な発想で遊びたいものです。


 
ケータイの方はコチラからどーぞ!


ノベ竿の釣りのビギナーさんに超お勧め!
釣子力1号」!



ケータイの方はコチラから。

*映像はテレビショッピングのものです。
仕様はほとんど変わりませんが、スペシャルセットはありません。
それと2セットでのおまけもつきません。
単体、もしくはDVDコンプリートセットのみですが、価格はちょいと安いです。

それと併せて、「ちっちゃいぎょ・釣りセット」もお勧め!
エサを、手をほとんど汚さずハリ付けできるのが素晴らしい。
もちろん589本舗販売部で販売しております!
 
 
ケータイの方はコチラから。
 
皆様からの質問もお待ちしております!
釣りに関係あってもなくても構いません!
投稿していただいた方にはブロマイド送りますよー。
 
::::::::::::::::::::
 
589EX問い合わせ先:589本舗(ごーはちきゅーほんぽ)
tel:090-1693-2763(加藤)*電話番号変わりました。
e-mail:BYH03135@nifty.com
 
589本舗販売部もよろしく!
 
589EXプロモーション:コチラ 
「コイ釣りにっぽん」:コチラ 
「コイ釣りにっぽん vol.2」:コチラからどーぞ!
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear