589本舗 NASAも同じ(ような)こと考えてた鋼鉄の理論! 小林重工開発、キューちゃんも裸足で逃げ出す悪魔のエサ! 589EXの開発、生産情報、釣果情報。

RSS TWITTER RssTwitter

てんてい教えて! 第429回:今後の釣りはどうなる

589本舗です。

「コイ釣り八十八ヶ所」をアップしてますが、合間にこちらもアップしてます。
アシスタントは「ゆかちゃん」です!



サンダ対ガイラさんからの質問です。
「てんてい! 今後の釣りはどうなるのでしょうか?」。

てんていの言う通り、釣り堀がメインになっていくのではないかと、僕も思います。
というか、食用魚はすでに天然から養殖へとシフトしはじめていますからね。

食用の話で言うと……。
天然魚のほうがうまい!というイメージが一般的ですが、ホントのところはどうなんでしょう。
養殖技術が高まることで、その差はなくなっているというか、むしろ養殖のほうが人の舌にのる味にできるのではないかと思います。
柑橘類をエサに混ぜて育てたハマチなんかは、その好例かと。

それと、近年は海水魚でも、海ではなくて陸上のプールなんかで育てるケースが増えてきています。
これは、経済的にそのほうが有利だから(海だと台風でイケスごともっていかれたりしますし)という理由が一番でしょうが、安全性の面でも優位に立てるのではないでしょうか。
というのも、原発事故を代表例に、海水の汚染を気にする消費者が増えているから。
たとえば重金属山盛りのどこぞの国の海で獲れた天然魚なんて、汚染されたエサを食っていそうで、あまり食べたくないですよね。
で、海はつながっていますし、魚は回遊しますから(しないのもいるけど)、日本で獲れた魚なら安心、とは言い切れない……。
そういう心配をするくらいなら、少々高くても、安全な水とエサで育った養殖魚のほうがいいかなー、と考える人も多いんじゃないでしょうか。
そもそも、ブタ・トリ・ウシの肉は、すでにほぼ100%が天然ではないわけですしね。

あ、そうそう。
てんていは「コイは食べません」と言ってますが、食べるのもいいかと思います。
ただし、お風呂に水を張って2〜3日泳がせて泥を吐かせないとならないし、骨が硬くてさばくのはけっこう大変。
それと、苦玉っていう、潰すと強烈に苦くなる臓器があるので、さばく際は注意が必要です。
そんなことを聞いたら、だれも食べる気にならないでしょうが、一生に一度くらいは食べてみてもよいかと。
洗いにしても煮付けにしても、はたまた唐揚げにしてもウマいです。

……川魚料理店で注文したほうが早いですね。



リンクはコチラでーす。


「コイ釣りにっぽん vol.5」好評発売中!
プロモーション映像です。

高尚です。



コチラからも見られます。

ノベ竿の釣りのビギナーさんに超お勧め! 「釣子力1号」! 
在庫はつねに確保できるよう、努力しております。



ケータイの方はコチラから。

*映像はテレビショッピングのものです。
仕様はほとんど変わりませんが、スペシャルセットはありません。
それと2セットでのおまけもつきません。
単体、もしくはDVDコンプリートセットのみですが、価格はちょいと安いです(消費税増税分は高くなってます)。


それと併せて、「ちっちゃいぎょ・釣りセット」もお勧め!
エサを、手をほとんど汚さずハリ付けできるのが素晴らしい。
もちろん589本舗販売部で販売しております!
 
 
ケータイの方はコチラから。
 
皆様からの質問もお待ちしております!
釣りに関係あってもなくても構いません!
投稿していただいた方にはブロマイド送りますよー。
 
::::::::::::::::::::
 
589EX問い合わせ先:589本舗(ごーはちきゅーほんぽ)
tel:090-1693-2763(加藤)*電話番号変わりました。
e-mail:BYH03135@nifty.com
 
589本舗販売部もよろしく!
 
589EXプロモーション:コチラ 
「コイ釣りにっぽん」:コチラ 
「コイ釣りにっぽん vol.2」:コチラからどーぞ!
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear