忍者ブログ

589本舗 NASAも同じ(ような)こと考えてた鋼鉄の理論! 小林重工開発、キューちゃんも裸足で逃げ出す悪魔のエサ! 589EXの開発、生産情報、釣果情報。

RSS TWITTER RssTwitter

てんてい教えて! 第431回:ルアー釣りに飽きた

589本舗です。

「コイ釣り八十八ヶ所」をアップしてますが、合間にこちらもアップしてます。
アシスタントは「ゆかちゃん」です!



脱ルアー釣りさんからの質問です。
「てんてい! 最近、ルアー釣りがつまらなくなっています。どうしたらよいのでしょうか?」。

どんな遊びでも、行くところまで行くとつまらなくなったり辛くなったりしますよねー。
つーか、ちょいちょい釣れて、たまにデカイのとやりとりしたりすれば、あんまり飽きないとは思うんですが。

僕らの世代は、まずエサ釣りをやって、それからルアー釣りって感じでしたが、「脱ルアー釣り」さんはどうなんでしょうね?
やったことがなければ、エサ釣りにトライしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

つーか、「エサか、ルアーか」というより、「リール竿か、ノベ竿か」っていう差のほうが大きいなーと、僕は思っています。
以前はまあまあリール竿の釣りもやってたんですが、リール竿だと、相手がどんなにパワフルでも、たいてい取り込めちゃうというか。
100キロを超すクロマグロとかは別の話として、だいたい問題ないですよね。
それこそマスの管理釣り場では、魚が逃げ込む障害物がないという前提はありますが、70センチもの魚と、超小型のスピニングリールでやりとりするのがもはや普通。
ミチイト3ポンドもあれば、それでなんの問題もないという。

一方、ノベ竿では……僕はすでに4〜5本、折られてます(笑)。
とくにカーボン竿は一発でやられます。
6号の通し仕掛けがぶっちぎられたこともあります。
仕掛けづくりがいい加減だと、かなり高い確率で切られます。

てな感じで、「魚にやられる」という経験ができる(したいわけじゃないけど)のが、ノベ竿の釣り。
でもって、その経験をさせてくれるデカい魚が釣れるのが、公園のコイ釣り。
だから、この釣りを推してるわけです。
ぜひやってみてください(グラス竿で)。



リンクはコチラでーす。


「コイ釣りにっぽん vol.5」好評発売中!
プロモーション映像です。

高尚です。



コチラからも見られます。

ノベ竿の釣りのビギナーさんに超お勧め! 「釣子力1号」! 
在庫はつねに確保できるよう、努力しております。



ケータイの方はコチラから。

*映像はテレビショッピングのものです。
仕様はほとんど変わりませんが、スペシャルセットはありません。
それと2セットでのおまけもつきません。
単体、もしくはDVDコンプリートセットのみですが、価格はちょいと安いです(消費税増税分は高くなってます)。


それと併せて、「ちっちゃいぎょ・釣りセット」もお勧め!
エサを、手をほとんど汚さずハリ付けできるのが素晴らしい。
もちろん589本舗販売部で販売しております!
 
 
ケータイの方はコチラから。
 
皆様からの質問もお待ちしております!
釣りに関係あってもなくても構いません!
投稿していただいた方にはブロマイド送りますよー。
 
::::::::::::::::::::
 
589EX問い合わせ先:589本舗(ごーはちきゅーほんぽ)
tel:090-1693-2763(加藤)*電話番号変わりました。
e-mail:BYH03135@nifty.com
 
589本舗販売部もよろしく!
 
589EXプロモーション:コチラ 
「コイ釣りにっぽん」:コチラ 
「コイ釣りにっぽん vol.2」:コチラからどーぞ!
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear