589本舗 NASAも同じ(ような)こと考えてた鋼鉄の理論! 小林重工開発、キューちゃんも裸足で逃げ出す悪魔のエサ! 589EXの開発、生産情報、釣果情報。

RSS TWITTER RssTwitter

てんてい教えて! 第272回

589本舗です。

アシスタントは『コイ釣りにっぽん vol.4』にも出演している「ちゃんジュリ」でーす。
話に出てくるニューカレドニアのウェブ記事、コチラです。
脇役です。

魚の眼1.0さんからの質問です。
「てんてい! 魚に優しい釣りってありますか?」。

そんなこと考えるぐらいなら、釣りを止めたほうがいいかと思います(キッパリ)。
つーか、質問者様は、「魚に優しい釣りとか言ってる人いるけど、なんか変ですよね」的な質問をしたいのだと勝手に想像してます。

そういうことを考えさせようという風潮、よくないですね。
まあ、とくにリリース前提の釣りだと、そういう免罪符がないと罪悪感が生まれてしまうのも分からないではないけれど。
逆に、申し訳ないことしてるということで、釣れてくれた魚に感謝すればよいんじゃないでしょーか。
あとは、リリース前提じゃなくて、食べる前提で釣りすれば、そんなことはどーでもよくなるのではないかと思います。



ケータイの方はコチラからどーぞ!

「釣子力1号スペシャルセット」直販可能です。
589本舗販売部でどうぞ!
DVD全巻付きで7,500円(消費税、送料、代引き手数料込み)だったところを、税込み6,615円!
送料、代引き手数料込みで7,455円!
総額1万円以上お買い上げで、送料と代引き手数料がサービスですんで、上手にお買い物すればかなりお得!
小林重工ワールドを知るには絶好のセットです!
コチラから商品をご確認くださいー。



皆様からの質問もお待ちしております!
釣りに関係あってもなくても構いません!
投稿していただいた方にはブロマイド送りますよー。

::::::::::::::::::::

589EX問い合わせ先:589本舗(ごーはちきゅーほんぽ)
tel:090-1693-2763(加藤)*電話番号変わりました。
e-mail:BYH03135@nifty.com

589本舗販売部もよろしく!

589EXプロモーション:コチラ
「コイ釣りにっぽん」:コチラ
「コイ釣りにっぽん vol.2」:コチラ" target="_blank">コチラからどーぞ!
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
コ式について
以前販売されていたような赤やピンク色のコ式が欲しいです、天気や季節によってはっきりした色の方が見えやすいときがあるので、一考してもらえたらと思います。
多摩川の鯉 2013/04/21(Sun)02:08:15 編集
コ式のカラー
コメントありがとうございます。

確かに色付きのほうが見やすいとき、ありますねー。
なのですが、カラーの発泡素材が非常に手に入りにくくなってるようです。
まとまって材料が入るようなら製作を依頼することも考えてますが、安定供給できないものはあまり出さないようにしているので、実現は難しいかと思われます。

なお、マイクロコ式は色付きもあり、これは近々、販売部でリリースする予定です。
589本舗 2013/04/21(Sun)07:02:36 編集
糸の色について
こんにちは、先日注文させて頂きました、釣子力DVDセットや489Dも無事届きました。ありがとうございました。御社のボラのカットウを話題にされていることに特に感動!!致しました。(闇雲な?引っ掛け釣り?漁?と思っている人が何と多いことか)youtubeも楽しく拝見させて頂いております。早速質問ですが、道糸やハリスの色は釣果(魚の口に針を掛けるまでの範囲で、根ズレなどの回収の問題は除外)に影響するのでしょうか?また、それは魚種によって差があるのでしょうか?よく、アジは目がイイとか、(ハリスは透明で細め)タナゴは色付ハリスや道糸を普通に使用(目が悪い?)とか常識的には慣習があるようなのですが、また魚種によって、頭の良し悪しがあり、それが影響しているのでしょうか?(第5回魚はなんで釣れるのかより)、「てんてい」のお考えをお聞かせ頂けると幸いです。既出でしたらゴメンナサイ。
wildduck 2013/04/28(Sun)09:18:22 編集
イトの色
>wildduck様

コメント&ご注文、ありがとうございます。
じゃんじゃん釣りまくってください。

質問いただきましたが、たしか「てんてい教えて!」で既出(もしくは収録済み)だったので、こちらでお答えいたします。

釣法、状況、スレ具合(管理池など)によって差はあると思います。
魚の目がいいといわれるのも、おおむね間違いないかと思います。
とくに動体視力がよいと言われてますね。

問題は、その見えたイトを、魚がどう理解して、どう判断するかということかと思います。
魚が「あれは自分を釣ろうとしている釣りバリのイトだ!」と判断できるのか?というのが、疑問解決のキモかと。
そこまでは分かってなくて、「なんかあるな」程度だろう、と考えるのが妥当です。

で、小林重工的には、魚の判断に与える影響の度合いとして、イトの太さや色は、他の要素に比べたら大きくはないと考えています。
それよりも、水中で釣り具がたてる音のほうに注目しています。

ちなみにPEラインのイト鳴り、魚種に関わらず、非常に嫌がるようです。
先イトを付けるなどするのは、非常に大切です。
具体的に影響力の違いを考えると、イトの色がちょいと違和感を感じさせても、先っぽ(エサとか擬似エサ)がよければ、まあ問題ないけれど、イト鳴りしてると先っぽがよくても魚が逃げる、という感じかと。

水がきれいな管理釣り場のニジマスなど、イトを透明にすると食いがいいと言われますが、多くの釣り人に攻められてスレているなど、かなり特殊な状況下での話ではないかと思います。
もちろん、イトを透明にしただけでは釣れないですし、先っぽが適正であれば、色付きイトでも釣れるというのが実際です。
同じ管理釣り場でも、それこそエサ釣りだったら(先っぽが魅力的なら)、イトが太かろうが色がついていようが、問題なく釣れます。

イトの太さに関して言えば、魚が見える、見えないの問題よりも、細いことで水の流れに影響されにくくなり、仕掛けを思い通りの場所に投入できるというメリットから、結果、釣れる、というケースが多く見受けられます。
ほかに、ミチイトが水中でたるんでるのか、張ってるのか、底を這ってるのか、ウキ釣りのようにハリスが上からぶら下がってるのか、「マ式」のように下から伸びてるのかという要素もあります。
人間からの視点と魚からの視点をきちんと分けて考えないと、単純に「細い=釣れる」という結論に陥りがちですね。

ということで、小林重工的には「イトの太さや色は、あんまし気にしなくていいんじゃないですか」が、答えになります。
一番大事なのは、先っぽです。

また何かありましたらコメントしてくださいー。
589本舗 2013/04/28(Sun)19:00:07 編集
589EX意外とバラケる!!
前記「糸の色について」早速のご回答ありがとうございました。大変参考になりました。(既出のようですみませんでした)実は先程、釣りから帰りました。初めて589EXを使用しましたので、その感想を書かせて頂きたいと思います。餌を作ってみて、まず感じたことは「凄いべたつくなぁ」麩餌を触ることが多いヘラ鮒釣り師には受け入れられないかも?レベルです、ペレット(単品)とも違います。何と申しますか、何かこの~、蜜?飴?を想像させるベタ付き感です(あくまでも指先の感触です)同時に、某○キューの釣り餌のス○ミーを思い出し、いや~こりゃバラケない+経時変化も大きいんじゃないかな~と思いましたが、実際に餌を打ってみると、思いのほかバラケ(溶ける?)ます。これにはビックリ!!実は○キューの鯉の餌、ウキ○も作り、上針、下針に付け分けて、同時進行で実釣してみました。(仕掛けは外通し仕掛け、水深1m止水のヨルダン川です)あえて5時間という長時間、乾燥した分、手水を付けて調整はしましたが、間では餌ボールを濡れタオルで覆いをする以外は何もやっていません。自分なりの結論(初期)ですが、長時間の?経時変化はウキ○より589EXの方が少ない感じでした。肝心の釣果は、70cmを最大に鯉5匹+亀1匹(589EXをバックリと食べ釣れた)でした。鯉が589EXとウキ○と、どちらの餌に釣れたかは、データが少な過ぎですのでここでは控えさせて頂きます。このブログをご覧の方に、ただ一つ断言できることは、間違いなく鯉が釣れたということです。ユーザーが証明します。ハイ。
餌に迷ったら?鯉釣りに589EXで「多分?マチガイナイデショ~!!」
以上です。
P.S.竿は浮気力1号(磯竿2号4.5m+ABU2500CSロケット)でした。釣子力でなくてスミマセン!!またレポート致します。不適切な内容の場合は削除して頂いて構いません。
wildduck 2013/04/28(Sun)22:04:55 編集
589EX
>wildduch様

コメントありがとうございます。
楽しい時間を過ごされたようで、嬉しいです。

「589EX」は、誰が、どんな使い方をしてもとりあえず釣れるエサ、というのが基本コンセプトなので、いろいろ使ってみてください。
ほかのエサに混ぜるという方法をとっている人も多いようです。

「波泡度」のほうは、より速くバラけます。
とにかく早く魚を寄せたいときは、こちらもお勧めです。

またなにかあればコメントしてください。
じゃんじゃん釣りましょう!
589本舗 2013/04/29(Mon)09:41:37 編集
Clear